スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第二回 楽市!

まいにちまいにちあついです・・・
暑いですが、
今週末の日曜日、第二回楽市あります!

前回と同じように、11:30オープンです。

そして、駐車場も限られておりますので、
お近くの方は、ぜひ自転車か徒歩でお出かけいただけると、
たいへん助かります。

あと、エコバックもお忘れなく!


おいしいものいっぱいで、お待ちしております!
スポンサーサイト

第1回楽市!

P1060825_convert_20100728164543.jpg
撮影 山本昌継さん

7月25日(日)
第1回楽市、無事終了いたしました。

思っていた以上にたくさんのお客様に来ていただいて、
本当に、ありがたいのと、うれしいのと。
もう、感無量です!

ジャム工房Berrys
ジャム工房Berrys

kounousha.jpg
おきたま興農舎

yocchan
よっちゃん堂

山本さん
山本昌継 典子

kinari.jpg
kinaribrot&co. 

それぞれ、愛情込めて作った品々、いかがでしたか?
とっても、おいしかったはず。

はじめてのことで、至らないことも、たくさんあったと思います。
お野菜のとれるうちは毎月やろう!と張り切っておりますので、
回を重ねるごとに、いい市にしていけたらいいな、と思います。
どうか今後とも、おつきあい下さいませ。
次回の楽市は、
8月29日(日)


出店者の山本さんがこの度の楽市の様子をとっても素敵に撮影して下さいました。
お客様にも見ていただきたいので、アルバムを作ろうかと考え中。
(って、山本さん、勝手に、いいかしら・・・?)
出来上がったら、お店に置いておきますので、見にいらして下さい。

P1060853_convert_20100728170444_20100728170631.jpg
楽市の看板息子と看板娘
よっちゃん堂の大吉と山本さんちのみのりちゃん
ふたりとも、とってもおりこうさんでした。

楽市にいらっしゃるお客様へ

通常、オープンの時間は10:00ですが、
楽市準備のため、25日(日)は、楽市開始時間の11:30オープンとさせていただきます。


ご近所の方にご協力いただいて、当日は余分に駐車場を用意しておりますが、
それでも、台数に限りがございますので、
お近くの方はぜひ、お散歩がてら、徒歩か自転車でご来店いただけると、
大変助かります。

のんべえの方にはうれしい、楽市特別ドリンクメニューもご用意させていただきますので、
ぜひ、お車以外でお越し下さい。


そして、忘れてならないのが、お買いもの袋!
すてきなかごをお持ちの方はぜひ!お披露目のチャンスです!
ぜひ、エコバックやマルシェかごをお持ちになってお買い物にいらして下さい。

あと、お楽しみがもうひとつ。
といっても、これはあたしの、かなりの自己満足の世界。
kinaribrot&co.のロゴが完成しました!
記念して?ロゴ入りエコバックを販売します。
オリジナルのエコバック、夢だったのです…


いよいよ、今度の日曜日です。
当店も、おいしいもの、いろいろ考えています。
サンドイッチとか、季節のソーダとか、
試食も、とびっきりおいしいのを用意できるんじゃないかしら。


オキラク楽市チーム一同、みなさんのお越しを楽しみにしております!

出店者紹介④ おきたま興農舎

出店者紹介、ラストは、おきたま興農舎の小林和香子さんです。

わかちゃんとは、実は同じ高校の同級生。
同じクラスになったことはなく、部活も別。当時は特に接点もなかった私たち。
それが、2年前、「六ヶ所村ラプソディー」という、
核燃料再処理施設のある、青森の六ヶ所村の人々を描いた、ドキュメンタリー映画の上映会の実行委員がきっかけで、
ぐんと、距離が縮まりました。
こんなふうに大人になって、同じ思いをもって仲良くなるとは、高校生の私たちには想像もつかなかったこと。
本当に不思議な巡りあわせです。

おきたま興農舎さんは、りんごやさんでもお世話になっていました。
興農舎さんの野菜ボックスは、ぴかぴかの見事なお野菜がいつもつまっていて、
初めてみた時は、本当に驚きました。
ぜひみなさん、楽しみにしていらして下さい。
DSCF0316_convert_20100722162351.jpg
” こだわり続けて二十年、美味さが安全” おきたま興農舎

父親が、友人達と生産者による特別栽培にこだわった直売組織を設立したのは、私が小学六年のとき。 
あれから二十年。子供の頃はみじんも思っていなかったけれど、
いろんな人との出会いに導かれて、私は我が家の農業の専従者となり、
おきたま興農舎の生産者のはしくれとなりました。 
今年は3月に男の子を出産し、なかば育休中。育児、育児、育児、家事、農業な毎日です。
ご先祖さんたちと父が育ててくれた土に感謝しつつ、一才になる長男をつれて草だらけの田畑に通う日々。
今回は先輩農家さんたちのピカ一な野菜やお米と、子供と一緒に種まきした我が家の少しばかりの野菜を出品します。
どうぞよろしくお願いします。

出品リスト..・季節の無農薬の野菜・無農薬のお米、豆・無農薬農産物原料の加工品(味噌、梅干など)


(株)おきたま興農舎  
〒992-0323 山形県東置賜郡高畠町大字露藤85  0238-57-4116 0238-57-4117 
okitamakounoushya@athena.ocn.ne.jp
http://www.y-umaiya.com/

出店者紹介③ ジャム工房Berrys

ではでは、お次は、ジャム工房Berrysのしょうこちゃんです。

しょうこちゃんは、りんごやさんで私がパン屋をしていたころからのお客様でした。
お顔は存じ上げていたのですが、まさか、ジャム屋さんとは!
こちらに移転して、お話をして判明!
で、楽市に声をかけさせていただきました。

色白のしょうこちゃん、繊細な手をして肌をして、
自分でを農業やることにも意外で驚いたけど、
山にはひとりで入るし、しかも、目的は山菜採りと言うし、
日本ミツバチの群れがやってくると、手で捕まえるというし、
そのワイルドっぷりったら、かっこいいです。

先日、ジャムを頂きました。
甘すぎず、素材の味がして、さらっとしたおいしいジャムでした。
どうぞ、お楽しみに!

berrys.jpg

飯豊の端っこでジャムを作っている”ジャム工房Berrys”です。

素材を厳選し、少量づつ丁寧に手作りしています。
保存料・着色料など添加物は一切使用せず、誰もが安心して楽しめるシンプルなジャムです。
ジャム=パンという風に限らず、いろんな使い道を提案していきたいと思っています。

ジャムはネット販売のほか、週末のみカフェ”ぽたじぇ”、それから飯豊のがまの湯さんで取り扱い中。
日々、農業とジャム屋とカフェの3足のわらじを代わる代わる履いています。

25日は今が旬のブルーベリージャムをはじめとした「旬のジャム」を出品します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ジャム工房Berrys&ぽたじぇ
〒999-0602
山形県西置賜郡飯豊町萩生4091-1
TEL:0238-72-3915
MAIL:jamkoubou-berrys@mail.goo.ne.jp
URL:http://berrys.itigo.jp/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。