スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

love&cofee

moblog_c8e687b4.jpg
本日、友人のsui-cafeごう君の結婚式です。
カジュアルなものらしく、まるで、「飲みに来ない?」と誘うみたいに
結婚式にもお誘いいただいたのだけれど、ちょっと、急でした。
行けなくて、本当にごめんね。
ご注文いただいた引き出物のクッキーに、
私の代わりにお祝いするようにおまじないかけておきました。
お天気が良くて、ほんとによかった。
きっと、山のほうは気持ちがいいんだろうなあ。
火曜定休同士、今度ゆっくり三人でおいしいものを食べに行きましょう!
おめでとうございます!
末永くお幸せに!!

ごう君は、
直接コーヒー農園から豆を適正な価格で買い付けてきて、
それを焙煎して販売する、スペシャリティーコーヒーの豆屋さんとカフェを山形市でしています。


というわけで、コーヒーについて少し。
お付き合いくださいませ。

地球の反対側でとれるコーヒーがなぜこれほど安価に気軽に手に入るかご存知ですか?
世の中で出回っているコーヒーのほとんどは、
豆農家さんからの搾取と大量生産するための森林破壊によって成り立っています。
また、豆農家さんはまともな教育を受けることもできず、抜け出せない貧困からなり手がなく、
麻薬の栽培に走る人もいます。
そして、コーヒーの値段は、産地の状況とは関係なく、NYの取引市場で決められます。
それはつまり、輸入業者の利益は守られるけれど、
生産者の利益は無視されているということなのです。


輸入業者を通さず、直接農家から買い付けをし、
価格も、安定した生産と生活ができるように設定し、
中間業者をなるべく通さずコストをおさえ、その問題を解決しているのが、
フェアトレードだったり、スペシャリティーコーヒーだったりするわけです。

くわしいことは、「おいしいコーヒーの真実」というドキュメンタリー映画があるので、
ぜひご覧下さい。
米沢でも、TSUTAYAさんでも、借りられますし、
わたしもDVDを持っていますので、興味のある方には、お貸しできます。


コーヒー好きの皆さん、
おいしいコーヒーを飲み続けたいのならば、
スペシャリティーコーヒーかフェアトレードのコーヒーを選んでください。
どうか、生産の現場に思いをはせてみて下さい。

きなりブロートでも千葉県松戸市のスローさんのエクアドルコーヒーと、
カートンパックのアイスコーヒー(どちらもフェアトレードコーヒー)を
取り扱っています。

そして、山形市でコーヒーを買うなら、sui-cafeさんへ!

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。